クラウドSaaS型 
人材マネジメントシステム

HOME > ラインナップ > 人材マネジメントシステム

「人材情報の見える化」による「最適配置」はビジネスの戦略性が格段にアップ
タレントマネジメントのファーストステージとして、「人材マネジメント」がお勧めです

企業内の『社員力』を活かすためには、人材を戦略的に教育し、活用し、適任者を登用していくタレントマネジメントの実践が求められています。 しかしながら小売業での新店舗開店のスタッフの登用やIT企業での新規事業プロジェクトのメンバーの登用など、社員の職務経歴や取得資格情報をすぐに必要としても、簡単に入手できない、ということが実情です。 人事担当者だけではなく、現場の部門長やマネージャーが従業員のスキル情報を迅速に検索できるWiMS/SaaS人材マネジメントシステムを利用することが人材の最適配置を実現する第一歩となります。

WiMS/SaaS人材マネジメントシステム画面イメージ

スキル情報の全社的な共有

既存の人事システムは、人事担当者などの管理部門が入力・管理する仕組みであるため、スキル情報を利用できる社員が限定されていました。 しかしWiMS/SaaS人材マネジメントシステムでは既存の人事システムとは異なり、各従業員が入力したスキル情報を経営企画室や営業部長など、事業部門が直接利用できる仕組みであるため、 全社的な人材情報の活用に大きく貢献します。もちろん、ユーザーごとの権限によって開示されるスキル情報を制御可能であるため、安心して利用することができます。

人材マネジメントシステム  サービス・機能
・各従業員が自身のスキル情報を入力する「スキル情報入力」機能
・人事担当者だけでなく、業務担当者が主体となって閲覧することが可能
・ユーザーごとに利用可能なスキル情報を制御する「プライバシー保護」機能
人材マネジメント活用事例


自由度の高いスキル情報入力

ご利用される企業ごとに管理すべきスキル情報は異なります。 WiMS/SaaS人材マネジメントシステムでは、マスタ設定によって各従業員が入力するスキル情報の内容を変更することができるため、各企業の特性にフィットしたスキル管理を行うことができます。 また、入力内容に有効期限を持たせることで各従業員は自身のスキル情報を定期的に更新するため、各従業員のタイムリーなスキルを把握することができます。

人材マネジメントシステム  サービス・機能
・各従業員が自身のスキル情報を入力する「スキル情報入力」機能
・定期的にスキル情報を更新する機会を与える「スキル情報定期更新」機能

スキル情報の自在な活用

スキル情報の利用者の範囲が広く、かつ正確性が担保されていたとしても、数多くの従業員の詳細なスキル情報の中から、必要な情報を抽出できなければ、スキル情報を管理する意味がありません。 WiMS/SaaS人材マネジメントシステムでは、全てのスキル情報をデータ検索エンジンにより様々な条件から抽出することができ、抽出したスキル情報はExcel出力することができるため、 ピボットテーブルやグラフなど、様々な様式の資料への自在な活用が可能です。

人材マネジメントシステム  サービス・機能
・様々な条件から必要なスキル情報を抽出する「スキル情報検索」機能
・検索したスキル情報を確認し、自在に活用するための「スキル情報出力」機能

グローバル対応

グローバル企業や海外進出を目指す企業における体制、起案、組織管理の強化を実現します。

人材マネジメントシステム  サービス・機能
・英語対応(標準)
・その他の言語対応などはご依頼により実現します
人材マネジメント操作画面

>機能一覧を見る

モデル価格

初期設定サービス費用 月額利用料
応相談 1人当たり 290円

初期設定サービスには業務要件の確認・お客様向け設定・お客様の検証/教育のサポートが含まれます。
ご利用人数によって初期費用が異なります。詳細についてはお問い合わせください。
表記価格は税別です。

導入事例

株式会社近鉄エクスプレス様

紙で運用していた人事考課をシステム導入により格段に業務負担削減。考課表の選択ミスが減り、容易な入力でコメント入力が活性化。人材活用に資する評価制度へ。

アイエックス・ナレッジ株式会社様

紙とExcelで運用していた勤怠業務の負担を格段に効率化。プロジェクト工数と勤務実績を一緒に入力し、リアルタイムな勤務状況チェックで適正な管理の実現へ。

大興電子通信株式会社様

自社開発勤怠システムからのリプレイス。クラウドとモバイル端末の活用によりどこでもいつでも承認作業が可能に。

>事例一覧を見る

▲TOPへ戻る