HOME > 導入事例 > サービス業 A社様事例

サービス業 A社様事例

複雑な運用ルールをシステム化し、所管部署内の勤務管理業務の属人化を解消!
標準機能とカスタマイズ機能の両立でコンプライアンス強化・業務負担軽減を実現!

システム導入前は紙による実績管理を行っており、リアルタイムでの超過時間チェックが行えず、36協定違反が多発していた。 また、複雑な運用ルールが原因で管理業務が属人化してしまい、特定担当者の業務を圧迫していた。

導入背景

コンプライアンス強化による法令順守が労務管理上の1番の課題であった

サービス業A社様の日々の運用では、残業時に申請をするのみであり、上長・管理者による超過時間のチェックがリアルタイムに行えずに、勤務締めを行うまでは36協定違反者の特定・指導を行えない状況にあることに大きな不安を感じておりました。しかし、自社の複雑な運用ルールに見合うシステムが中々見つからずにコンプライアンス上、大きな問題を抱えたまま業務を行っておりました。

複雑な運用ルールがもたらした管理業務の属人化

また、実運用面でも多くの課題を抱えており、とりわけ管理業務の属人化は、今後の担当者の異動や退社など十分に考えられる事象に対して大きなリスクとなっていました。個人やチームで属人化されていた管理業務プロセスの「可視化」を図り、誰でも処理を行える様に内部統制化を実現させる必要がありました。

システム選定のポイント

残業管理の徹底とリアルタイムでの36協定チェック

WiMS/SaaSを選定頂いた中で大きなポイントであったのが、標準機能での36協定時間のチェック機能です。日々の勤務実績を入力すると即座に36協定チェック機能が働き、月間・3ヶ月・年間において、協定警告時間を超過している従業員を部門長や管理者が画面上で一目で視認できるようになる点を評価して頂きました(図1参照)。

図1:勤務表提出状況一覧画面
部門長や労務管理者が画面上で36協定超過者の状況を確認することができる。

また、労務申請ワークフロー機能を利用することで、残業申請をベースにした残業管理が行えるようになり、申請以上の実績を入力している場合にエラーとすることで、部門長が日次単位で部下の残業管理を行えるようになる点もシステム選定上で大きな要因となりました。

複雑な規則・運用にも耐えうる柔軟なカスタマイズ対応

標準機能だけでもWiMS/SaaSを導入することにより、これまでの運用リスクを大幅に改善できると評価頂きましたが、A社様の場合、標準機能だけでは対応しきれない複雑な規則・運用がありました。 「特殊な年休管理」がこの中の一つであり、A社様の就業規則では、「20日を超える日数が付与された場合、20日までは通常の年休として付与を行い、20日を超える日数は特別年休として付与を行う」というルールがありました。これをA社様向けにカスタマイズを行うことで、これまで一つ一つ手動で計算していた年休管理が全てシステム化され、ボタン一つで自動付与が行えるようになったため、業務の属人化の解消にも繋がると期待を持って頂きました。

導入後の効果

36協定時間のチェック業務の効率化と社員の労務意識の向上

WiMS/SaaS導入後、ワーニング状況を画面上で確認するだけでなく、データ抽出機能を使うことで、協定超過者を一覧形式でピックアップすることができるようになったため、A社様では36協定時間のチェック業務が大幅に改善されました。これにより従来は勤務締めを行った後にしか状況が分からず、リアルタイムな指導を行えていなかったのが、常に最新の状態でチェック・指導を行えるようになったため、現場従業員の超過勤務時間管理の重要性についての理解が次第に浸透しています。また、A社経営者様からは「超過勤務時間管理のトラブル防止に役立った」というお声も頂いております。

ご利用ソリューション 勤務管理システム

導入事例

株式会社近鉄エクスプレス様

紙で運用していた人事考課をシステム導入により格段に業務負担削減。考課表の選択ミスが減り、容易な入力でコメント入力が活性化。人材活用に資する評価制度へ。

アイエックス・ナレッジ株式会社様

紙とExcelで運用していた勤怠業務の負担を格段に効率化。プロジェクト工数と勤務実績を一緒に入力し、リアルタイムな勤務状況チェックで適正な管理の実現へ。

大興電子通信株式会社様

自社開発勤怠システムからのリプレイス。クラウドとモバイル端末の活用によりどこでもいつでも承認作業が可能に。

>事例一覧を見る

▲TOPへ戻る